About Decibell by SATOH SHOTEN
 

 

東京で有数のものづくりの町、墨田区東向島。

その地に根付く「サトウ商店」は1956年に創業した老舗の革工房。

そこでは、自転車好きの革職人が立ち上げた革小物ブランド

 

<Decibell(デシベル)> の製品が作られている。

ブランドの由来は、革の面積の単位である「decimeter("デシ"メーター)」と、

街乗り自転車のアイコンである「bell(ベル)」を合わせ、

 

文字通り革と自転車の融合を表した造語。

国産の革素材であること、

ハンドメイドであることの誇りを込めて、

日々の生活にも自転車のある生活にもすっと馴染んでくれる。

人に寄り添う、そんなものづくりを大切にしています。

 

またDecibellを製作している革工房サトウ商店では

OEM・ODM製作のご依頼を随時お待ちしております。

創業60年、ハンドメイド・イン・ジャパンの誇りを大切に、

お財布を中心に数多くの革小物製品の企画・製作で培ってきた経験と技術で

お客様のブランドテイストに合わせたモノづくりを致します。

どうぞ担当内田までお気軽にお問い合わせくださいませ。

もっと見る

2017 Decibell by SATOH SHOTEN all right reserved